冬は温泉よりも風俗

醍醐味。それはたくさんあります

風俗の醍醐味って、本当にいろいろなものがあると思うんですよね。それこそ、とにかく無限にあると思うので、自分が何を楽しみたいのかもまた、大きなテーマとして考えるべき問題かなって。自分の場合ですけど、気持ち良さのみです。プラスアルファであれこれとかは一切ありません。とにかく風俗嬢は、自分のことを気持ちよくしてくれればそれで十分だって思っています。多分なんですけど、自分が思うに風俗の楽しさはいろいろとありますけど、突き詰めていくと快感こそ風俗だけでしか得られないものだと思うんですよね。話したりとかデート気分を味わいたいとかは、その後に抜いてもらえるのは風俗だけですけど、抜かないのであれば別に風俗だけにこだわる必要はないんですよね。でも、抜いてもらおうって思ったら風俗だけなんです。だからこそ、自分は風俗では快感にこそこだわりたいって思っているんですよね。だから、他の部分に関しては、そこまでこだわっていないんです。

在宅だととっても貴重に感じる

在宅のお仕事をしているんです。出勤がないのはとっても楽ですけど、その一方であまり人と接しないんです。マイペースに出来るというメリットもあれば、人と接しないので自分の気持ちを保つのが難しい点がデメリットですよね。職場であれば周囲の目もありますので、頑張ろうって気持ちになるじゃないですか。でも在宅だと誰も見ていないので、ついつい休んでしまったり気力が沸かないってケースも出てきたりするんですよ。それらは正直、あまり好ましいものではないってことくらいは分かっていますけど、自分でもついそんな気持ちになってしまうんです。だからこそ、風俗は貴重ですね。気持ち良さだけじゃなく、人とのコミュニケーションまで楽しめるじゃないですか。得に風俗はコミュニケーションによって快感の度合いだって変わってくるんです。でも、そういった打算抜きに、風俗嬢と他愛のない話をしているだけでもとっても楽しい気持ちになってくるんですよね。