冬は温泉よりも風俗

自分に向いている世界だと思う

甲斐性もなく、女の子と一緒に居ると次第に面倒だなって思ってくる自分。だからモテないのも仕方ないよなと自分にあきらめムードが漂っているんですけど、そんな自分には風俗がピッタリなのかなって思いますね。自分でも冷静に考えてみると、自分は別にデートしたいんじゃないんです。性欲を解消したいんですよ(笑)でもそんなこと女の子には言えないし、そんな目的だって知られたら自分のことを受け入れてくれるような女の子はいませんよね。そもそも、目的以前にそこまで至れるのかって話でもあるじゃないですか。だから風俗がいいんですよ。自分でも女の子は優しく接してくれるし、しかも気持ち良くさせてくれるんです。その事実だけでも自分は本当に嬉しい限りですけど、それに加えて風俗嬢とは別に関係を維持しておかなければならないってこともないじゃないですか(笑)遊びたい時だけ遊ぶ。それが出来るので、自分には風俗が向いているのかなって思いますよね。

まだまだあどけないから燃えたんです

あどけなさの残る風俗嬢だったんです。ホームページを見た段階ではあまりあどけなさは感じなかったんですよ。むしろ綺麗系の風俗嬢だなって思ったくらいだったんですけど、実際の彼女はまだまだとてもあどけない雰囲気。そのギャップでまずこちらの気持ちは鷲掴みにされたような気がしますね。それに、あどけない表情だと何をされてもこちらの気持ちがいろいろと動かされました。大人の風俗嬢相手ではあまり感じない部分ですよね。でも亜土家なので、多少の罪悪感とか、こんなかわいい顔をしているのにこんなことをしてくれているのかという気持ちの面でのギャップ。これらも感じましたね。むしろこれが彼女の魅力なのかなとも思いました。だからプレイ中から方向性をシフトチェンジしたんです。もっともっと大胆なことをしてもらった方が、彼女の表情とのギャップでいろいろなことを楽しめるんじゃないかなって。そこに気付いてからはかなり攻め込みましたね。