冬は温泉よりも風俗

あの子は体の芯にまで響く

今までの風俗嬢の中で一番思い出に残っているのがWさんなんです。彼女の存在感は半端ないものだったなって。なぜなら、彼女は見た目はあまり風俗嬢らしくないというか、あまり見かけないタイプだったんですよね。それが良かったんですよ。でも実際には相当積極的。そのギャップにこちらのイマジネーションが爆発しましたね。当初は彼女がこれだけ攻めてくるなんて全然想像出来ませんでした。大人しそうな風俗嬢だったので、こちらがガンガン攻めて彼女の変貌ぶりを楽しもうって思っていたんです。でも全然でしたね(笑)彼女の方からガンガン攻めてくれました。それもある意味では変貌ぶりって言っても良いのかもしれないんですけど、おかげでとにかく凄いことになりましたね。まさかって思いましたし。だからイマジネーションは爆発しそうになりました(笑)そんな展開になるとは思っていなかっただけに、良い意味で予想を裏切られたんじゃないかなって思いましたよ(笑)

彼女は救世主のようなものです

救世主と呼ぶには大袈裟かもしれないんですけど、自分にとって彼女の存在は本当に大きな存在なんです。なぜなら、自分が一番困っていた時にお世話になった風俗嬢なんですよね。仕事も上手くいかないし、人間関係も何となく上手くいかない。そんな時期って誰にでもあると思うんですけど、自分もそれで困っていたので風俗に行ったんです。その時に相手をしてくれたのが彼女だったんですけど、抜群の包容力でこちらを癒してくれたんです。その時のことは今でも感謝していますので、恩返し代わりにリピートするようになったんですよね。その都度、こちらのフラストレーションを全て消し去るかのような笑顔を見せてくれるんです。それだけでも彼女を指名して良かったなって思えるんですよね。だからこそ、自分も彼女を指名したくなっちゃいますし、決して恩だけで何度も何度も指名している訳じゃないんですけど、救世主だったのは紛れもない事実なので、これからも楽しみたいものです。