冬は温泉よりも風俗

千手観音のような攻め手をもつソープ嬢が川崎にいた

彼女の攻めはとにかく目まぐるしく、そしてどれもがピンポイント。本当に彼女は腕が二本だけなんだろうかと思うくらい、目まぐるしくこちらの体のいろんなところを攻めてくれましたね。千手観音との異名で呼ばれるのも時間の問題なんじゃないかなと(笑)それくらい彼女の攻撃はどれもピンポイントだったんですよね。
とにかく衝撃的というか、あれだけアグレッシブに攻めてくれると気持ち良さだけじゃなくてたまたま入った川崎のソープなのにありがたい気持ちになってくるんですよね(笑)単純に考えて嬉しいじゃないですか(笑)男冥利に尽きると思いますし、それまで別に性感帯じゃないだろうって思っていた部分もあれだけ目まぐるしく攻められると、それだけでとってもありがたいなって思えるし、新しい快感とも出会えましたからね。
彼女のおかげで川崎のソープで男として思いも寄らぬレベルアップをすることも出来たんじゃないかなって思うんですよね。その事実が個人的に嬉しかったので、これからももっともっといろんな快感を求めて川崎のソープを楽しみたいと思います。

嘘のようなレベルを誇るソープ嬢ですね

嘘のような…っていうと変に聞こえてしまうかもしれないんですけど、この前川崎のソープで相手をしてもらったWちゃんは、本当に嘘のようなレベルの美人でした。これまで相手をしてもらった風俗嬢の中で、間違いなくトップクラスの美人でしたね。あのレベルの美人と楽しもうって思っても、そもそもあのレベルの美人を探すのさえ困難なんじゃないかなって思うレベル。
そんな美人と川崎で楽しめたので、自分の気持ちは一層高まりましたね(笑)やっぱりソープはありがたいなと(笑)それに、あくまでもソープで楽しんでいるんです。プライベートで楽しんでいるのではなくて、ソープで楽しんでいるのでそれだけの美人でも、自分に尽くしてくれるんです。それだけで嬉しいじゃないですか。
なのでいろんなことを彼女と楽しませてもらいましたけど、何をしても「美人がこれだけのことをしてくれている」「美人にこんなことをしている」と思えたんです。だからソープって、何だかんだで美人を選ぶのが無難なのかなって。